脱毛時の痛みがかなり少なくなっている

脱毛時の痛みが心配で施術に通うことができない、というひとも多いのではないでしょうか。
やはり、脱毛には強い痛みがともなう、というイメージをもたれているひとは多いとおもいます。
たしかに、かつてはそのイメージどおりだったといってよいでしょう。
かつての脱毛というのは、ニードル脱毛がほとんどであったためです。

 

このニードル脱毛というのは、毛穴に針を刺していき、そこに電気を流すという方法であったために、相当の痛みがともなうものでした。
そのかわりに脱毛の効果も高かったわけですが、やはりこの痛みに耐えられない、というひとも多かったわけです。
そのイメージが、いまも根強く定着しているひとが多いということです。

 

しかしながら、いまでは主流になっている脱毛方法が変わっています。
人気の脱毛サロンでは、ほとんどがフラッシュ脱毛という脱毛方法をあつかっています。
このフラッシュ脱毛というのは、ニードル脱毛のように毛穴に針を刺したりしないので、きわめて痛みがすくない、ということでしられている脱毛方法です。

 

さらに、ニードル脱毛のさいには、一本一本のムダ毛について、手作業で処理していく必要がありました。
そのためにものすごい手間と膨大な施術にかかる時間が必要だったわけです。
しかしながら、フラッシュ脱毛というのは、一気に広い範囲を処理していくことができますから、きわめてスピーディーに施術をしていくことができます。
このことから、施術にかかる時間も大幅に短縮されて、施術を負担に感じるひともすくなくなってきているわけです。

 

さらに、サロンによって、このフラッシュ脱毛にさらに改良を加えていることが多いです。
たとえば、ミュゼではSSC方式とよばれるフラッシュ脱毛を採用していて、これがきわめて痛みがすくない、ということで評判をあつめています。
さらにディオーネではハイパースキン脱毛というものを採用しています。
これもフラッシュ脱毛ですが、ふつうのものより格段に肌にやさしくなっています。